目尻切開施術後にダウンタイムが必要なの知ってた?

小さくて寂しい印象になってしまうことで悩んでいる人や目が細くてきつく見えてしまうことが悩みの人など、目の大きさや印象の悩みがある人に人気があるのが目尻切開です。目尻の部分を数ミリだけ切って開くことで、目を外側に向けて少しだけのばすことができるので、目が大きくなり、切れ長で美しい目元になることができると人気があります。目尻部分を外側に向けて広げることができるため、こめかみ部分の肌の面積が減り、顔が小さく見える効果も期待でき、顔全体のバランスが整うこともメリットのひとつです。目尻を切開したあとには、腫れや内出血がおこることがあり、元に戻るまでのダウンタイムが必要になります。目尻の部分を切った後に、糸で縫い止めるので、抜糸に行くことも必要です。

目尻切開のメリットと方法について

目尻の部分を少しだけ切開して、開くことで、切れ長で美しい目になることができ、こめかみの部分の肌が狭くなることで小顔効果も期待できる目尻切開は、バランスの良い顔立ちになることができるメリットがあります。また、末広型の二重を平行型にすることもできるので、きれいな形の整った印象の目になることも期待でき、美人度がアップする施術としても人気があります。目尻の部分をメスで切って開いたあと、ちょうど良い大きさになるように糸で縫い、傷が治るのを待ってから、抜糸をします。開いた部分は、まつ毛が生えてこないので、傷が治ってから、アイラインやアイシャドウで目の大きさを自然に強調するようなメイクをすることで、目を大きくする効果がさらに際立ち、大きく、印象的な目になることができます。

術後の経過とダウンタイムの必要性

目尻の部分を数ミリ切って、広げることで、白目が大きくなり、目を大きく見せることができるようになる目尻切開を行うと、腫れや内出血が生じることがあり、腫れや内出血が引いて元に戻るまでのダウンタイムが必要になります。腫れは、目元周辺や白目に出ることがありますが、1週間ほどで自然におさまります。また、注射針が当たったり、手術の時の操作によって細かい血管が傷つき、皮膚の下で出血して紫色になる内出血が、目尻から目の周りに生じることもありますが、1~2週間で消えます。白目に内出血がおこると、白目の部分が赤くなりますが、1週間程度でおさまることが多く、長くても3週間ほどで自然になくなります。1週間から2週間の間に抜糸を行いますが、ダウンタイムを経過した後もむくみなどが続く場合があり、完成は3か月後というのが一般的です。