目尻切開後のダウンタイムの重要性

目は、女性にとって美しさを左右する大切なパーツなので、目が小さいことで悩んでいたり、目が細くてきつい印象になってしまうことが気になったりしている人が多く、整形を考える人もたくさんいます。目が小さかったり、細かったりする悩みがある人に人気があり目尻切開は、目尻の部分を数ミリだけ切開することで、目の幅を広げて、目を大きく見せることができる手術です。目が細くてきつい印象を与えてしまうという人には特に効果的で、目尻部分にカーブができるので、たれ目のように優しい印象の目になることができます。手術の後には、ダウンタイムがありますが、比較的短い期間で済むことが多く、手術後の傷の回復も比較的早いことが特徴です。ダウンタイムが気になる人は、片方ずつ手術を受けるという方法もあります。

目尻切開の方法とメリットと気を付けたいこと

目が小さくて、地味な印象になってしまう人や目が細くてきつい印象を与えがちな人に人気があるのが、目尻切開です。目尻の部分を少しだけ切開して広げることができる手術で、目の幅が広がるため、目が大きく見えるようになります。目尻の部分にカーブができるので、目の印象が優しくなることも特徴で、目が細い人は、ぱっちりとした優しい印象に変わることが期待できます。また、こめかみの部分の肌が、目の幅が広がることにより少し狭くなるので、輪郭が締まったように見え、小顔効果を期待できるところもメリットのひとつです。目尻に隠れている白目が十分にある場合には効果を実感できることが多いのですが、目尻に隠れている白目が少ない場合には、手術を受けても効果を実感しにくいので、気を付けましょう。

目尻切開のダウンタイムの重要性

目の幅を広げて、ぱっちりとした大きな目になりたいという人には、目尻の部分を少しだけ切って広げ、目を大きくする手術が人気です。目尻の部分を少しだけではありますが、メスで切り、縫合するので、腫れや内出血が生じることがあります。腫れや内出血の程度は、人によって異なります。手術による傷や腫れ、内出血がおさまるまでに必要なダウンタイムは、1週間程度と比較的短く、目の周りは細い血管がたくさんあり傷が回復しやすい部分ですが、入浴やマッサージなどを控えて、刺激を与えないようにすることが重要です。腫れや内出血が引いた後でも、目の周辺白目の部分がむくむことがあります。むくみは数週間ほどすると、自然に引き、3か月後には、傷も回復してきれいな目になることができます。