安くかつ心のこもったご葬儀を相模原で行うには

もし家族の誰かが亡くなってしまったら、もっと何かしてあげられたのではないかという後悔や、生前交わしていた約束を果たすことのできなかった無念、ただただ寂しさに打ちひしがれて何も考えることができない、そんな辛くも悲しい大切な人の死を受け入れるのはとても困難です。でも大切な人だからこそ、きちんと見送ってあげたいですよね。ここでは、相模原でできる葬儀について気になることなどをご紹介していきます。もしかしたら、亡くなる前には葬儀のことは不吉という人や、そんなこと考えたくないという人が多いかもしれません。しかし、いざという時にはとても葬儀のことなんて考えてはいられないものです。現実は、病院で息を引き取ったらすぐに葬儀の話になるほどシビアだったりします。本当に辛い時に、なるべく負担が増えないように事前に調べておくことをおすすめします。

葬儀にも種類があるのをご存じでしょうか

相模原で葬儀を行う際、いくつか葬儀の種類があります。まず、火葬式といって葬儀をせずに火葬のみで見送るお葬式です。直葬とも言います。一番費用は安く抑えられます。次に、一日葬といって通夜式を行わずに告別式から火葬式まで一日で行うお葬式です。そして、家族葬といって親族やごく親しい友人などのみで行うお葬式です。一般的なお葬式と比べると安く抑えられます。それから、一般葬といって友人や職場の人など一般の人も呼んで行うお葬式です。お通夜式からすべて行うので費用は一番かかります。どの程度の葬儀にするか事前に家族で相談しておいてもいいかもしれません。亡くなった後に家族に金銭的や精神的に負担をかけたくないと考えている人は少なくありません。大々的にして欲しくないという人もいれば、逆に盛大に行って欲しいという人もいるかもしれません。どこまで知らせればいいのかなど、家族の意向を知っておくと困らずに済むでしょう。

葬儀を行う際に知っておくといいこと

相模原では葬儀を行っているところがいくつかありますが、安易に安いからという理由で選んだりするのはおすすめできません。大変なときではありますが、なるべく数社から見積もりを取って、対応の仕方や、費用が相場とずれすぎていないかなど見極めることが大切です。できるだけ葬儀社任せにせず意向を伝えることは重要です。親身に相談に乗ってくれるところにお願いしましょう。それから、病院で亡くなられた場合には、病院指定の葬儀社に声をかけてくれることがあります。そのまま葬儀まで頼んでも良いですが、断って自分で選ぶことも可能です。この他にも、葬儀でのしきたりやマナーなど知っておいた方が良いことがたくさんあります。やらなければならないことなど、想像以上に大変なことですが、葬儀をきちんと行えれば気持ちの整理が付くという人もいます。後悔だけが残ることのないよう故人を敬い見送りたいものです。