ダウンタイムとは?目尻切開後のすすめ

切れ長で美しい印象の目になりたい人や細くてきついイメージの目をたれ目のように優しい印象にしたい人、二重の幅を平行にしたい人など、目の悩みがある人に人気がある整形が、目尻切開です。目尻の部分をメスで数ミリだけ切ることで、目の幅を広げて、長さを出すことができる手術で、こめかみ部分の肌が少し狭くなるので、小顔効果も期待でき、顔全体のバランスが整い美人度がアップすることがメリットです。手術の後には、目の周辺や白目が腫れたり、内出血をおこすことがあります。腫れや内出血がおさまるまでの期間をダウンタイムといい、ダウンタイムは1~2週間が一般的です。ダウンタイムが経過した後にも、むくみが出ることがありますが、少しずつ自然に引き、3ヶ月後には完成するのが普通です。

目尻切開の方法と効果、注意すること

目の印象は、女性にとってとても大切で、目が小さくて地味な印象になっていたり、目が細くてきついイメージに見られたりする人は、コンプレックスになっていることがあります。きれいな画で美しい目になりたいという人が選ぶことが多い目尻切開は、目尻を数ミリだけメスで切開して目の幅を広げる手術で、目が大きく見えることに加え、目がきつい印象の人は上下のラインが広がることで優しい印象になることができるというメリットがあります。白目の部分が目尻の皮膚で隠れている人には効果的な治療ですが、白目の大きさによっては、効果を実感できなかったり、通常は見えない部分である粘膜が見えてしまったりすることがあるので、ドクターとよく相談することが注意点になります。また、切開してできた目尻にはまつ毛が映えないことも知っておきたい注意点です。

目尻切開後のダウンタイムとすすめ

目の幅を広げ、きれいな画で美しい目にしたり、優しい印象の目にすることが期待できる目尻の切開手術を受けると、目の幅が広がるので目が大きくなったように見える上に、こめかみ部分の肌が狭まり、フェイスラインが締まることで小顔効果も期待できる手術で、大変人気があります。手術後に腫れや内出血が引くまでの期間は比較的短く、1週間ほどと言われています。1週間から2週間後に抜糸を行った後には、目尻の部分に赤みが残ることがありますが、メイクをすることで目立ちにくくすることができます。仕事などで1週間程度の腫れや内出血が気になるという人は、片目ずつ手術を行い、眼帯を付けて生活することも可能です。目の周辺には毛細血管が多く、傷の回復は比較的早い部分であり、傷跡も目立ちにくいことが特徴です。