ダウンタイムって?はじめての目尻切開

ダウンタイムとは美容整形を美容整形の施術後から回復するまでの機関を指します。施術内容によって多少異なりますが、施術後は麻酔による腫れやむくみ、手術に伴うあざなどができやすく日常生活が制限される場合があります。この回復するまでの期間は手術を行った部位や難易度により異なり、この期間にしっかりと身体を休ませることが回復を早める近道につながります。身体が回復する期間なのでアルコールの摂取やタバコは基本的に禁止となります。プリ整形だから回復期間は必要ないと自己判断をして、手術当日からアルコールを大量に摂取したりいつも通りタバコを吸うということは回復をするどころか、身体への負担が大きくなるため絶対に辞めましょう。無理をすると後で自分が辛くなるのでしっかり休むことが大切です。

一般的なダウンタイムの過ごし方

この期間はとにかく無理は禁物です。無理というとハードな運動と思うかもしれませんが、運動だけでなくアルコールやタバコの摂取、不要な外出といった日常で行っていた行動をいかにしないで過ごすかということがポイントになります。身体が辛くないから休まなくても大丈夫と休まずにいつも通りの行動をしていると後で辛くなります。注射やメスを入れるということは自分が感じている以上に負担がかかっています。この期間は仕事が休めるのであれば休み、何もしないで寝るというのがおすすめの過ごし方です。1人暮らしの方は手術前に外出しなくても良いように、食料や日曜品を備蓄しておきましょう。身体を休めると同時に栄養もしっかり取りたいので食生活にも気を付けることが必要です。医者から言われた期間よりも余裕をもって考えておくのがいいでしょう。

目尻切開手術後のダウンタイムについて

目尻切開は局所麻酔を使用することで、20分前後で終わる手術です。短時間で終わり内出血も起きないことが多いため、目尻切開の場合ダウンタイムは短くなっています。手術後2、3日はかすり傷程度でほとんど痛みを感じることがなく、それ以降は痛みがほぼ気になりません。手術後1週間は激しい運動や飲酒、入浴は控える必要がありますがシャワーは手術当日から浴びる事が出来るため、身体を清潔に保つ事が出来ます。身体への負担がそこまで大きくないため日常生活にすぐ戻ることはできますが、数日間はメイクを控える必要があり、抜糸を行うまでは近くでみると縫合の糸が見えるためその期間は気付かれたくない相手とは会わないようにするのがいいでしょう。抜糸後も傷に少し赤みは残りますが、手術後半年~1年ほどで目立たなくなります。