おすすめの相模原でのご葬儀内容

葬儀は結婚式と違い突然来ます。準備する期間が非常に短いです。そのため葬儀にかかる費用は業者任せになりがちです。相模原や周辺にお住いの方に是非知っていただきたい情報をご説明いたします。まず、葬式までの流れを理解しましょう。危篤から臨終になり体をきれいにするエンゼルケアがあり、次に搬送し遺体安置を行います。臨終からすぐに葬式ではありません。手続きが意外とたくさんあります。まずは危篤になった時点で葬儀社・葬儀業者を選定しましょう。業者と交渉するときは生前にエンディングノートが存在するかしないかを必ず確認しましょう。また、宗教的な制約の有無も確認しましょう。選定の際には複数の業者から見積もりを取ります。葬式には一般葬、家族葬、密葬、一日葬、火葬、団体葬など種類もたくさんあります。故人の遺志がなければどの葬儀が最適か家族で決めましょう。

相模原では公共施設での葬儀がおすすめ

相模原で葬儀を行うときに重視したいのは「火葬場」です。相模原市では市が運営する「相模原市営斎場」があります。火葬場が併用されているため移動用の霊柩車やマイクロバスが不要です。市が運営しているため費用はかなり安く斎場もきれいです。多くの方が公営の斎場を利用しています。また、民間が運営する火葬場もあります。そこで葬儀社選びが大変重要です。火葬場の手配に優れている事が何よりも重要です。市への葬儀対応が優れていることも重要です。相模原市は東京から通勤圏内です。参列される方も公共交通機関を利用されます。相模原市の交通事情に優れていることも大事です。火葬場事情に並んで重要なポイントは価格の透明性です。「追加料金」を請求されない葬儀社を選びましょう。事前に費用が発生する項目を整理し見積もりを取ることが大切です。

主体性をもった業者選びが重要です

価格について考えてみましょう。一般葬のベースになる価格は50万円です。どの葬儀社から見積もりを取っても50万円から大きく上下することはありません。大事なのはその料金には何が含まれて何が含まれていないかです。葬儀社と打ち合わせや見積もりを取る時には臨終から納骨までの流れをきっちり説明していただき費用が掛かる項目を全てクリアにしてください。あとから「これは追加料金が必要でした」にならないようにしましょう。葬儀社の名前よりも相模原市での実績を重視してください。主体性を持った葬儀のためにはやはり「終活」が重要です。健康なうちにご自分の最後をどのようにするか是非文書に残しましょう。一昔前なら縁起が悪いと敬遠されていましたが今の時代「終活」はファッションの1つです。相模原市には地元に密着した素晴らしい葬儀社がたくさんあります。健康な時から相談し素晴らしいエンディングにしてください。