相模原でのご葬儀をお考えの方々へ

一般的に葬儀を行う施設は、斎場や葬祭場、葬儀場、葬祭会館、セレモニーホールにメモリアルホールなど、様々な名前で呼ばれますが、特にその呼び名は定義されているわけではないです。葬儀のための施設は、大きく分けて斎場と火葬場です。斎場はお通夜、葬儀、告別式を行う場所です。火葬場は、遺体を火葬する施設です。葬儀を行う場所を併設している火葬場もあります。このように、施設の名称が色々なのは、運営する自治体や寺院、企業が自由に名前を付けていいからです。尚、葬儀場とは一般的に「斎場」を意味するものですが、公営の式場の場合は、火葬場を併設している施設もあります。葬儀場の選び方として、いくつか種類があるので、それぞれの特徴を理解してどのような葬儀を相模原でしたいのかを決めておくと、いざという時に焦らずに済みます。

公営、民営、宗教、自治体、選択肢様々は葬儀場

相模原で葬儀をする施設としていくつかの選択肢がありますが、それぞれの特徴を紹介します。公営式場は自治体などが所有する公的な施設で、費用は比較的安価ですが、地域住民のみの利用となります。火葬場を所有している公営式場は葬儀後に火葬場へ移動する必要がないので大変便利ですが、駅などからは距離があるところが多く、アクセスの便が悪いのが特徴です。民営式場はアクセスや設備などの条件も良いのですが、費用設定が高めです。他社と差をつけるために多くのプランが用意されています。宗教施設とは、寺院などの本堂で葬儀を行うことですが、檀家の葬儀のように、基本的に寺社に所属していることでの利用ですので、普段から寺社との付き合いがある場合のみです。自治体所有の葬祭会館を利用すると、費用はかなり低めで地域住民が弔問しやすいのが特徴です。

あらゆる選択肢の中から、相模原の葬儀場を選ぶ

ホテル葬は、親しい家族親族のみで密葬を行った後に、お別れ会と称してホテルで故人を見送る会を行うスタイルです。自宅葬は以前なら主流でしたが、現在でも地方では行われていることが多いようです。自宅を葬儀場に使用するので会場費は不要で、費用を抑えたスタイルでの葬儀となります。これらのあらゆる選択肢から場所を選ぶ場合、場所の都合や弔問客の数、予算などにより検討することになります。検討の結果、大まかな方針が決まったらネット検索で葬儀場のプランが沢山ありますので、予算や場所で選ぶ流れとなるでしょう。相模原には数多くの葬儀場、プランがありますので比較検討に時間がかかりそうですが、ある程度の方針が決まっていれば、予算を大幅に越すこともなく、想いのこもったお別れができるはずです。

24時間・365日対応。ご相談・お見積り無料です。 東京・神奈川でのご葬儀・家族葬のご依頼件数は年間600件以上。価格コムでの葬儀費用比較実績NO1。 ご葬儀費用総額を事前にご提示。追加費用無しで安心。 ご遺族の負担が少ないご葬儀プランをご提案いたします。 ご相談・お見積りも24時間・365日承ります。出張でのご相談も随時受付中です。 相模原のご葬儀は1級葬祭ディレクター在籍の平安メモリアル